本文へジャンプ

ご利用中について

ご利用中について、お客様からからお寄せいただくご質問のうち
お問い合わせが多いものをご案内しております。

下記ご質問一覧各項目をクリックすると、そのご質問・お問い合わせに対する回答がご覧いただけます。

"ご利用中について"よくあるご質問とお問い合わせ

事故が起きてしまったら?

万一の事故の際は、

  1. 負傷者の救護
  2. 警察への通報・届出
  3. 相手の確認

3つを行っていただいた後、出発店舗ならびに東京海上日動 事故・故障受付センターまでご連絡ください。

ちょっとだけ、こすってしまったときは?

誠に申し訳ございませんが、損害の大小に関わらず事故扱いとなります。警察への届出、東京海上日動 事故・故障受付センターと出発店舗へのご連絡をお願い致します。万一、所定の手続きを取らないままご返却された場合、保険・補償の適用ができず、お客様のご負担となりますのでご注意ください。

ガソリン・充電量が減ってきたときは?

ゆとりをもって、早めに給油・充電してください。

ガソリン給油口が右側か左側かわかりません。

車種・メーカーにより異なりますので、ご出発時にご確認いただくか、安全な場所に停車して、備え付けの自動車取扱説明書もしくは直接実車をご確認ください。

ガソリン給油口を開く方法がわかりません。

車種・メーカーにより異なりますので、ご出発時にご確認いただくか、安全な場所に停車して、備え付けの自動車取扱説明書もしくは直接実車をご確認ください。

急に他の店舗に返したいのですが?

出発した店舗へご連絡の上、ご希望される返却場所等をご相談ください。

鍵を車内に残してドアをロックしてしまいました。

東京海上日動 事故・故障受付センターと店舗へご連絡ください。

駐車違反のシールを貼られてしまいました。どうしたらいいですか?

所轄の警察署へ出頭していただき、所定の手続きを完了し、指定の金融機関へ反則金の納付を完了してからご帰着ください。ご帰着時に領収日付のある書類を確認させていただきます。

駐車場に止めている間にクルマにキズがついてしまったら?

万一、当て逃げにあった場合も以下の2点を必ず行ってください。これを怠りますと、保険・補償制度の適用を受けられません。

  1. 警察への被害届け
  2. 出発店舗ならびに東京海上日動 事故・故障受付センターへの連絡

警察への届出が済みましたら、交通事故証明書を取得できるよう手続きをしてください。

タイヤがパンクしてしまったら?

パンクをした状態での運転は非常に危険です。安全な場所に停車し、東京海上日動事故・故障受付センターへご連絡下さい。
※スペアタイヤを装備していない車両が、パンクした際はパンク修理キットを使用せずに最寄のガソリンスタンド等へ車両を搬送します。なお、損傷タイヤの修理代、タイヤ代、紛失されたホイルキャップ代はお客さまのご負担となります。

運転中に異音がするのですが?

ただちに安全な場所へ停車し、東京海上日動 事故・故障受付センターへご連絡ください。

シートベルトは全員がしなければいけませんか?

はい、着用をお願い致します。2008年6月1日に施行された改正道路交通法により、後部座席にもシートベルトの着用が義務づけられました。

お問い合わせ・Q&Aトップへ

メールでのお問い合わせ

上の"よくあるご質問"では、お客様の問題は解決できましたでしょうか?もしお客様の問題が解決されない場合は、メールフォームによるお問い合わせをお受けいたします。

メールでの問い合わせへ

この店舗に決めて予約する

出発店舗
返却店舗
予約内容の照会・変更・取消
ページのトップヘ