本文へジャンプ

彼女ドライブ 大分と熊本っていい所だな〜ドライブ特別編

Title

今回は友人のこあめと私、こゆきの女ふたり旅です。大分から熊本まで、新緑が目に眩しい素敵な景色や温泉そしてグルメを満喫しにドライブへ出発!

 

江戸情緒の街、杵築(きつき)

天気予報どおり大分空港は雨です。小さな折りたたみ傘しか持っていない私達にオリックスレンタカーの店長さんが傘を貸してくださいました。まず、向かうのは杵築(Memo A)。ここは小京都といわれる城下町で映画のロケや着物のモデル撮影に使われると聞いていました。実際に行ってみると、石畳の坂が雨に濡れて江戸情緒に溢れた町です。坂は、馬や籠かきの行き来に配慮したその時代のままの緩い勾配になっています。「酢屋の坂」を登りきると、向かい側にある「塩屋の坂」が望めます。

 

岩山が林立する一目八景(ひとめはっけい)

城下町をあとにして、止みそうで止まない雨の中をドライブし続けると、道の周りはうっそうとした緑に包まれてきます。しばらく走ると、所々に岩肌が見えるようになりました。一目八景(Memo B)のプロローグのようです。そして、垂直に伸び上がる岩山が突然現れました。車を駐車し展望台に上がると鳶ノ巣山(とびのすやま)や群猿山(ぐんえんさん)、2つの岩が向き合う夫婦岩(ふうふいわ)など珍しい形の山が見渡せます。お土産物屋、八景店(Memo C)の相良濱子さんが「ここが八つの山に囲まれている場所なのよ」と教えてくれました。お土産物屋の裏手には、川が流れていて巨大なニジマスが泳いでいます。美味しそうな耶馬渓名物そば饅頭を買って、空いた小腹を満たします。

写真を拡大

写真を拡大

酢屋の坂を登るこあめ

情緒ある味噌屋

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

上から時計回りに:鳶ノ巣山、緑に包まれたドライブウェイ、八景店、八景店の相良濱子さん、お土産物屋の裏手の景色

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

左上から時計回りに:櫟の丘のマルゲリータ・ブッファラと野菜のサラダ、季節野菜を使ったトマトソースパスタ、元気いっぱいのスタッフ(左から)中村晃洋さん、店長の大城貴彦さん、伊藤恵里香さん、湯浅直樹さん、レストランのエントランス

ランチは湯布院で

ここから湯布院に向かい、ランチをすることにしました。もうお腹がペコペコです。道路脇に「櫟(くぬぎ)の丘」(Memo D)という看板を見つけ、丘を上っていくとイタリアンレストランがありました。注文したのは、水牛のモッツァレラチーズを使ったピザで、マルゲリータ・ブッファラ。窯で焼いた本格的なピザです。パスタは、季節野菜を使ったトマトソース味と、ナスとしめじを使ったボロネーゼ。それと、地元産シイタケとカボチャのソテーにハーブを添えた新鮮な野菜のサラダです。テラスからの景色は、毎日見ているスタッフも見とれるほどの美しさだそうです。あいにくこの日は雨で見えません。お天気のいい日に再訪してテラスでランチをしたいと思いました。満腹になって上機嫌なふたりです。

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

上から時計回りに:別府湾と杉乃井ホテルを望む、ウェディングに使われる真白なチャペルと庭、ホテル周辺には湯けむりが上がっている、好みの浴衣を選べる、杉乃井ホテル本館とHANA館

別府温泉の杉乃井ホテルで今宵はのんびり

杉乃井ホテルは、道の両側に関連施設が立ち並び、巨大なホテルです。温泉はもちろん、水着で入る温泉プールやボーリング場まであり、まるでアミューズメントパークのようです。(HOTEL INFO)温泉は棚湯(たなゆ)という珍しい5段の造りになっていて、私は5段目にある寝湯で別府の町を眺めながら悠々とした開放感に浸りました。

原尻の滝

大分のナイアガラこと、原尻の滝へ

ホテルを出て原尻の滝(Memo E)へ向かいます。ここは大分のナイアガラと呼ばれているそうで、確かに形は似ています。高さ20メートルで幅は100メートル。上から見ると弓のような弧を描いているそうです。ようやく小雨に変わってきました。近くにつり橋があってとてもきれいな景色です。

季節の花々に囲まれて

再び車に乗って向かうのは、「くじゅう花公園」(Memo F)です。雨も上がり、花を見て回るのには絶好の天気。キラキラ光る新緑を楽しんだあとは、園内の美しい色とりどりの花が目を潤してくれます。さっそく今が見頃のラベンダーの丘に向かいました。紫の花が咲き、甘い香りが漂っていました。続いてローズガーデンに向かいながら歩いていたら、カモの一家に遭遇。「ガアガア」「グァグァ」何を話しているのかしら? ポピー、ゼラニウム、サルビア、マリーゴールドなど、様々な花が園内を彩っています。そしてローズガーデンは、ピンク、白、黄色、ボタン色などの大輪が咲き乱れています。広すぎて見切れない花園に後ろ髪を引かれながら、公園をあとにしました。これから熊本に向かってドライブです。やがて見たこともないおとぎ話の舞台になりそうな、新緑のなだらかな丘が見えてきました。空は高く、緑は一面に広がり、「こんなの初めて見る景色!」と感動。

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

上から時計回りに:ローズガーデン、ラベンター、一面に広がる花畑、くじゅう花公園を散歩するカモの一家、大輪のバラ

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

写真を拡大

左上から時計回りに:馬方そば屋、十割蕎麦のランチご飯メニュー、店長の山部久芳さん、本格コーヒー

そばランチでちょっとひと休み

大観峰(だいかんぼう)へ行く前に、阿蘇にある「馬方そば屋」(Memo G)でランチです。「偶然に見つけて美味しかったよ!」と知り合いに聞いていたお店です。コンクリートの打ちっ放しのモダンなエントランスから、中に入って階段を上ると和風、そして店の中に入るとアジアンな不思議なインテリアです。ここの売りは手打ち蕎麦と自家焙煎のコーヒーです。私達は「十割蕎麦のランチご飯メニュー」をオーダーしました。お蕎麦とご飯を自由に選べて、小皿料理と茶碗蒸しとコーヒーが付いています。名物の高菜ご飯もおいしかった!店長さんはコーヒーに凝っていて世界中のコーヒーをブレンドしています。この日は4か国のコーヒーのブレンドでした。コーヒーも絶品です。

写真を拡大

写真を拡大

上から時計回りに:おとぎの国のような草原、大観峰からの眺め、爽快な気分に包まれる遊歩道

いよいよ大観峰(だいかんぼう)へ

大観峰(Memo H)は、阿蘇特有のカルデラが一目で見渡せる特別な場所です。27万年前の火砕流噴火でできたカルデラの中に、田園が広がり人々が生活をしているのがよくわかります。ここに山があったと思うと自然の威力に驚きます。周りはなだらかな草地で、草の緑と青い空が絵に描いたように美しいです。「そろそろ熊本空港に向かわないと」と、時計を見て仕方なく空港に向かうことに。名残惜しいこの景色をあとにミルクロードを通り、最後に再び美しい丸みをおびた新緑の丘を楽しみながら空港を目指します。今回大分県から熊本県までドライブしてみましたが、新緑がこんなに美しいと思ったのは初めてです。秋になれば、一面見事な紅葉に染まるというのも納得。豊かな自然に恵まれた大分県と熊本県の景色、温泉そして食材を存分に堪能しました。

Memo A



杵築





Memo B



一目八景





Memo C



八景店



大分県中津市耶馬溪町深耶馬3153-7
TEL:0979-55-2036


Memo D



櫟の丘



大分県由布市湯布院町川北893-1
TEL:0977-85-4007
Memo E



原尻の滝





Memo F



くじゅう花公園



大分県竹田市久住町久住4050



Memo G



馬方そば屋



熊本県阿蘇市永草1351-1
TEL:0967-35-1040
Memo H



大観峰





レンタカーキャンペーンで比較して、お得にレンタカー予約

オリックスレンタカーの格安キャンペーン情報です。全国各地の格安キャンペーンなどお得情報満載!目的に合わせたキャンペーン比較はこちら!

全国各地でお得なキャンペーン実施中!!

お得なキャンペーン一覧はこちら

彼女ドライブ レンタカー de ロードトリップ -トップへ

この店舗に決めて予約する

出発店舗
返却店舗
オリックスレンタカー
大分空港店


地震の影響で観光客は減りましたが、ビジネスでのご利用のお客様は以前と変わらないそうです。「これから大分はいいシーズンですよ。ぜひ遊びにきてください」とのメッセージでした。

店長 山本正樹さん(左) スタッフ 山口亮馬さん(右)


 ⇒大分空港店の店舗詳細

電話:0978-67-3435
場所:国東市安岐町下原541-57
営業時間:08:00〜20:00
アクセス:大分空港より徒歩1分。大分空港内レンタカーカウンターへお越しください。大分空港店へ無料送迎いたします。

オリックスレンタカー
熊本空港益城店


地震の被害は大きかったですが、皆さんのご支援を受け復興が着々と進んでいます。大自然の恵みに満ちた見所いっぱいの熊本へぜひご来訪ください。

店長 甲斐真一さん (左)スタッフ  深見浩史さん(右)


 ⇒熊本空港益城店の店舗詳細

電話:096-232-8694
場所:上益城郡益城町杉堂901-25
営業時間:07:00〜21:00
アクセス:空港到着後お電話いただければ、空港まで送迎車がお迎えにあがります。

  今日の車 トヨタ プリウス

レポーター・プロフィール

こゆき

横浜市出身。アメリカ・シアトルのCornish College of the Arts卒。アメリカ在住中にシアトルの在留邦人向け情報誌『Youmaga』の原稿執筆とデザイン担当。帰国後、国内大手航空会社の機内誌の制作担当。2011年から株式会社ジンジャーにて出版業務に携わる。休日は海、山など自然を求めてドライブやランニングを楽しんでいる。
構成:風土47 & Ginger Inc.

バックナンバー

ページのトップヘ