本文へジャンプ

彼女ドライブ 房総半島 岬カフェに向かってドライブ編

Title

今日は空も海も荒れ模様。朝方閉鎖されていた東京湾アクアラインが開通となり、まずはほっとしました。「うみほたる」目指して出発。車はルノーの真っ赤なルーテシアです。すごくスタイリッシュ。青い海と空に映えそうです。友達と2人で、さあ出発!

今回レンタルした車
ルノー ルーテシア(Renault LUTECIA)赤

http://car.orix.co.jp/campaign/renault_lutecia.html

car

カーナビ知識がなくって…

乗ってみてすぐ、ルーテシアの安定性と走りに大満足。シートもがっしりとしていてさすがヨーロッパ車。これならちょっとぐらい強風が吹いても大丈夫そう。早速カーナビの目的地に「アクアライン」と入れたのですが、これがとんだ間違い。

「ねえ、これ変。だって首都高に乗せない指示出してるもん」

「わっ!しかも渋谷方向に誘導しているね。行き先消去で、高速に早く入ろう」

「ああ、びっくりした。カーナビの初心者ってことよね、私たち。反省!目的地を木更津駅にしとけばよかった」と、『彼女ドライブ』の2人組は、ようやく霞ヶ関ICから首都高速に入り湾岸線へ。「さあて、もうすぐアクアラインだわ」とスムーズなドライブを楽しんでいました…と思いきや、三車線の真ん中をとったためにアクアラインに入れず、なんとそのまま浮島方向に直進!これでまた30分ほどロスか。こんなことで広い房総を周れるのか少々不安になりました。


荒波で大揺れのアクアライン

「うみほたる」の駐車場に車を止めて下りた途端、猛烈な強風で体が宙に浮きそうです。海は高波で大荒れです。展望デッキに出てみたのですが、棒立ちでいると吹き飛ばされるので、手すりにつかまりながら仁王立ち。「強風で息ができない~~!こんなの初めて!」と思わず叫んだ私。あったかいお茶を飲み、名物のアサリ入り肉まんで腹ごしらえをして一息。そろそろ出発しなくちゃ。

こわごわハンドルを握ること10分ぐらい。前後の車もみんなノロノロ走っています。


「岬カフェ」を目指して

ようやく木更津に到着し、房総半島のドライブが始まりました。周りは小高い山が連なっています。車は国道127を鋸南(きょなん)町に向かってどんどん進みます。それにしても辺りに民家もお店もなにもありません。海がだんだん近くに迫ってきます。私たちが向かっているのは「岬カフェ」(MEMO 01)

素朴なキャビン風の「岬カフェ」。

「岬カフェ」は、吉永小百合さんが初めてプロデュースし主演した映画『ふしぎな岬の物語』の舞台になった喫茶店。夕日が美しい場所としても知られています。保田の海岸線に沿って進み、トンネルをいくつか越えると左手にカフェの看板が見えました。キュッとハンドルを切って海側に張り出した岩場の敷地に車を進めます。木造小屋風カフェが先の方に見えました。

素朴でかわいらしい木のドアを開けると、中はぽかぽか。中年のカップルと、男性1人が海を眺めながらお茶しています。映画を見てやってきた人たちなのでしょうか。グァテマラとブレンドコーヒー、それにチョコレートケーキを頼んで私たちも窓から見えるダイナミックな景色に見とれました。この日は海が荒れて、岩に打ち付ける白波が10メートルほど飛沫を上げるほど。店主に伺ってみたところ、カフェはいつも大混雑で外に並んで待っている人がいるそうです。今日は幸い待たずに入れてラッキーでした。


サザエのつぼ焼きに舌鼓

せっかく房総半島に来たのだから、やっぱり磯料理を食べたい。ということで館山に到着するとさっそくお店探し。お腹がすいてきたので、とりあえず「漁師料理たてやま」という大衆食堂に入りました。ここの名物は「かじめ」という強いネバリがある海草で、ご飯にのせるかお味噌汁に入れると絶品とのこと。さっそく「かじめ汁」と「サザエのつぼ焼き」と「漬け丼」をオーダーしました。小ぶりで新鮮なサザエはまさに房総の味。磯の香りが口中に広がりました。店を出ると3時近くに。


水仙ロードに行かれず・・・

お花を求めて「おおつの里 花倶楽部」に到着。残念ながらこの日は定休日でした。そこで「道の駅 富楽里(ふらり)とみやま」(MEMO 02)に向かいました。ここの花売り場には黄色、ピンク、白、オレンジと彩り鮮やかなユリ、キンギョソウ、菊など花がいっぱい。さすがに花の房総です。この季節にピークを迎える水仙もたくさん並んでいます。でも本当は「水仙ロード」(MEMO 03)に行きたかったんです。鋸南町の観光案内所で伺ったところ「日暮れが間近で、直に暗くなるし、道が細いから危ない」と言われて泣く泣く断念。

ところで房総半島では枇杷(びわ)を材料にしたお菓子やジャムが「売り」のようです。道の駅で私が買ったのは鯛せんべい。友達は枇杷ジャムと枇杷ゼリー。

日暮れはもうすぐ。夕日が一目見たくてもう一度「岬カフェ」に立ち寄りましたが、雲がかかって夕日が見えず…。房総はたった一日ではとても見切れません。次回第2弾で外房にも足を延ばし、リベンジです。

安定したハンドル操作ができました

「うみほたる」で突風にさらされた私

挽きたてグァテマラコーヒーとくるみ入りのほろ苦いチョコレートケーキ、体が温まりました

岬カフェの窓辺から眺める房総の荒波

ちょっとL.A.みたいな館山。風が強くて椰子の木が揺れています

夕暮れ時の岬カフェ。夕日が見えませんでした…

熱々のサザエの壷焼き

1月は水仙の季節

枇杷の酸味と甘みをたっぷり味わえるジャム/房総の銘菓、鯛せんべい
MEMO 01

「岬カフェ」

東京湾をのぞむ明鐘(みょうがね)岬にある「音楽と珈琲の店 岬」。富津市の金谷から鋸南町に向かう国道127号線・内房なぎさラインを北上し、トンネルをいくつか越えてすぐ左手。
TEL:0439-69-2109
千葉県安房郡鋸南町元名1
営業時間;10:00~夕暮れまで
MEMO 03

江月 水仙ロード

葉県安房郡鋸南町江月地区
鋸南町は日本三大水仙群生地のひとつ。
道路の両脇約3kmにわたり水仙が咲き誇る。
問い合わせ先;保田駅前観光案内所
TEL:0470-55-1683
開花最盛期:1月
MEMO 02

道の駅 富楽里(ふらり)とみやま山

富山(とみやま)のとれたて野菜や花、房総の魚貝類を直売。観光案内所やレストランも併設している。

http://furari.awa.or.jp/about.html
TEL:0470-57-2601
千葉市南房総市二部1900
 

レンタカーキャンペーンで比較して、お得にレンタカー予約

オリックスレンタカーの格安キャンペーン情報です。全国各地の格安キャンペーンなどお得情報満載!目的に合わせたキャンペーン比較はこちら!

全国各地でお得なキャンペーン実施中!!

お得なキャンペーン一覧はこちら

彼女ドライブ レンタカー de ロードトリップ -トップへ

この店舗に決めて予約する

出発店舗
返却店舗
オリックスレンタカー
東京駅八重洲口店


店長 菅原 亮さん
スタッフ 松橋 陽子さん
「東京駅から至近距離という場所柄、平日はビジネスに使う法人様が中心です。週末はレジャーに使う方が多いです。学生さんや若い人たちのグループですね。地方から新幹線で来て、ここで車を借りて千葉や神奈川に遊びに行く方々や、羽田で乗り捨てできるので、ここで借りて羽田からお帰りになる方もいらっしゃいます」
東京駅からすぐ近くという好立地条件もあり、リピーターも多そうです。

⇒東京駅八重洲口店の店舗詳細
電話:03-3231-0543
場所:東京都中央区京橋1-1-1 八重洲ダイビル1F
アクセス:東京駅八重洲中央口を出て、そのまま八重洲通りを2~3分直進。通りの右手。
営業時間:8:00~22:00

レポーター・プロフィール

こゆき

横浜市出身。アメリカ・シアトルのCornish College of the Arts卒。アメリカ在住中にシアトルの在留邦人向け情報誌『Youmaga』の原稿執筆とデザイン担当。帰国後、国内大手航空会社の機内誌の制作担当。2011年から株式会社ジンジャーにて出版業務に携わる。休日は海、山など自然を求めてドライブやランニングを楽しんでいる。
構成:風土47 & Ginger Inc.

バックナンバー

ページのトップヘ